ギャンブルの怖さ キャッシングまでの道のり

夫の金銭感覚に随分と悩まされました。私の知らない間に先物取引に手を出していたのです。私にとって、先物取引はギャンブルで、手を出すなど考えられないことでした。気付いた時、夫に危険だと忠告しましたが、結婚前に貯めていた自分のお金でやっていて、生活費には迷惑かけないと言って、聞きませんでした。私は、幼い子供の育児で手一杯だったこともあり、夫の言葉を信じることにしました。数ヶ月後、税金が多すぎることから、夫が先物取引でかなり儲かっていたことが判明しました。なんと、1年で700万円も儲けていたのです。驚きましたが、たまたまだろうと思いました。生活費には迷惑かけないので、放っておくことにしました。

そして、半年後、今度は真っ青な顔をして夫が先物取引で大損をしたと告白してきました。私は、先物取引には詳しくありませんが、損失を補填するために300万円用意できないかと言われました。この時、新婚旅行などの結婚費用としてお互い100万円ずつ出し合ったお金も先物取引につぎ込んでいたことが分かりました。300万円ものお金はなく、義理の両親に借りて、マンション、車を売って返済しました。私の両親も交えて家族会議を行い、夫はもう2度としないと泣いて謝りました。私達は賃貸マンションに引っ越し、1からスタートし直すことにしました。しかし、1ヶ月もしないうちに、夫が隠れてまた先物取引に手を出したのです。完全にギャンブル中毒です。やめられないというギャンブルの怖さを思い知りました。やはり、世の中に甘い話はなく、お金は汗して働いて稼ぐものだと実感しました。